複数回に渡る受験

国立大附属中や難関上位私立中の場合、実施する入学試験の回数は一回だけというところが多く見受けられます。その一方で、他の学校では、複数回に渡る試験の実施されるケースが多くなってきている状況です。そういった学校を志望校とすれば、一度の試験で不合格となっても、二度、三度と粘り強くチャレンジするという方法を選択することができます。

また、そのように複数回の入学試験を受けた生徒を対象に、優遇措置が取られる学校も見受けられます。そうした優遇措置がある場合、事前にその旨公表されるので、学校説明会で関連する情報を聞き洩らさないよう、気をつけることが大切です。また、説明会に参加した際には、優遇措置の有無のみならず、有る場合には優遇の度合いも確認しておくことをおすすめします。

そのように、優遇措置が講じられない場合には、受験した回数に関係なく、それぞれの試験の結果によって合否の判定がなされます。ただ、同じ学校の入学試験を複数回に渡って受ける場合、受験の回数が増えるにしたがって、出題傾向や試験場の雰囲気に慣れてきます。そういった事情から、回を重ねるにつれて、得点がアップするという期待を持つことが可能となります。