科目ごとの受験準備

試験科目によって、対応のしかたを変えることは、中学受験準備を進める上で大切なファクターとなります。そのようなシーンでは、それぞれの科目の特徴を理解した上で、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に照らし合わせ、適切な方法を選択し、実行に移すことが大事です。

例えば、国語では長文読解や文法、漢字といったジャンルで出題されます。それらの中で、国語の長文読解は、スキルを高めるためにそれなりの時間やエネルギーがかかることを覚悟しておかなければなりません。この分野では、筆者の心情など、抽象的な事柄や細かなニュアンスが問題となるため、暗記で対応することが難しいという問題があります。長文の読解力を向上させるためには、日常的な生活シーンの中で、本をよく読むなどといった地道な努力をするよりほかに方法がありません。

言い換えれば、国語の長文読解は、後の努力よりも、持って生まれた才能によって決まる部分が多いジャンルと言えます。そういった事情から、どうしても長文読解が苦手だったり、本番の入学試験までの時間的余裕が少なかったりする場合には、この分野以外のジャンルで点数をアップさせるための対策の方に重点を置くことをおすすめします。