国語の長文読解問題

さまざまなジャンルが存在する出題分野の中でも、国語の長文読解は、能力を高めるために手間暇がかかり、後の努力よりも才能による部分が大きいジャンルと言えます。したがって、この分野に対する苦手意識が強かったり、試験までに残された時間が少なかったりする場合、長文の読解力を高めるのはあきらめて、他のジャンルに力を入れるのがおすすめの方法です。

とは言うものの、国語の試験問題の中で、長文読解問題は、配点が高くなっているという問題があります。そういった事情から、この分野でミスをすると、国語の試験のみならず、入試の合否にも多大な影響がもたらされることとなるので、注意する必要があります。

そのように、国語の長文読解問題におけるミスを減らすためには、選択式問題における空欄を無くし、ひっかけ問題の癖などを見抜く能力を養っておくことが大切です。記述式問題では、どんなに知恵を絞っても、わからない問題には的外れな解答をすることしかできません。その一方で、選択式問題であれば、当てずっぽうで○をつけた答えが正解となる可能性もあります。また、選択式問題では、選択肢の中に使われている表現などから、ひっかけであることを見抜くテクニックが使えます。