算数の文章題対策

算数が苦手で、中学受験の準備に苦労しているという学生が存在します。ただ、この段階で苦手意識を持ってしまうと、受験準備の効率が悪くなるだけではなく、中学へ進んでから始まる数学の勉強にも悪影響を及ぼしかねませんので、注意する必要があります。

算数では、文章題や計算問題が出題範囲となっています。その内、文章題では、「解法の丸暗記」をすることがスピーディーに実力をアップさせるための方法と言えます。

「算数は、ひらめきが大事である」とか「何事も、基本から徐々に積み重ねてゆくことが大切」などと、まことしやかな顔をして言っている人がいます。それらの内容自体が間違いという訳ではありませんが、こと算数の文章題に於いて、受験準備を進める上では、それらの定説は通用しません。

まず、ひらめきや直感、才能が必要となるのは、公式や定理を発見し、数学者となることを目指す場合の話です。また、基本問題と比べて、応用問題には解法のパターンが有機的に、数多く組み合わされて使用されているため、頭に残りやすく、暗記することのできる情報が多いというメリットがあります。それらの事情から、受験のための算数文章題対策には、応用問題を手始めとした解法の丸暗記が有効です。