解法丸暗記の勉強法

多様な試験科目がある中で、算数の文章題が苦手だという受験生が存在します。そういった人たちは、自分には才能がないからしかたがないと、苦手な算数の勉強をあきらめてしまったり、基本からコツコツ積み上げようとして、なかなか実力が上がらなかったりしているケースが多く見受けられます。中学受験を控えて、算数の文章題対策の勉強をする上では、才能や、基礎からの積み上げをする必要はありません。そうしたシーンでは、最初から応用問題に手をつけ、解法のパターンを丸暗記することが大切です。

ただし、いきなり応用問題へチャレンジするのですから、自分で解けないのは当たり前です。したがって、自分の頭で考えようなどと無駄な努力をして、貴重な時間やエネルギーを無駄にしてはいけません。そうではなく、問題を読んだ後、すぐに解答・解説を見て、「この型の問題は、こうして解く」という「解法のパターン」を丸暗記することに徹します。そういった事情から、使用する参考書や問題集には、解答だけしか書かれていないものではなく、なるべく詳しい解説が付いたものをおすすめします。なお、「解法の丸暗記」という勉強法は、中学受験のみならず、高校・大学の受験数学にも利用することができます。