高い目標を掲げよう

世の中では、「試験は水物」とか「勝負は時の運」などといった言い回しが使用されるケースが存在します。確かに、実際の入学試験に於いては、運の良し悪しが合否の分かれ目となる事例も見受けられます。とは言え、初めから運任せで、ろくに受験準備を行なわなければ、それだけ合格する確率が低くなってしまうことは言うまでもありません。そういった事情を考慮すると、先述の言い回しは、全力を出し切って受験準備を行ない、本番の入学試験へ臨むに際して、精神的な緊張を解きほぐすために利用するべきものと言えます。

そのように、悔いのない受験準備を行なうためには、高い目的意識を持つことが大切です。高い目標を掲げ、それを達成するために努力することによって、学習効率のアップが期待されます。ただし、いくら目標は高くするのが良いと言っても、自分の実力をかえりみず、身の程知らずな目標を設定するのは避けるのが賢明です。そうした方法を実践すると、設定したハードルが高過ぎて、受験勉強を進めても目標を到達することができるという具体的なイメージが湧かず、やる気を無くしたり、目標の設定変更を余儀なくされたりするリスクが高まるので、気をつける必要があります。