普段の成績や態度

合否判定を行なう上で、学力試験の結果だけではなく、調査書や通知書の提出を求めて、通い先の学校における成績や、学習態度などを重要視する学校も見受けられます。

その内、調査書は、内申書のような機能を有する書類で、通い先の小学校長によって作成されます。通常、調査書には、小学校指定の用紙が使われますが、受験する中学校の指定したものが使用される場合もあります。また、調査書に加えて通知書のコピーを添付するよう求められる事例もあれば、提出する書類は通知書のコピーだけで良いというケースも見受けられます。調査書の作成には、それなりの日数がかかりますので、出願に間に合う時期に学校へ依頼することが必要です。

そのように、普段の成績や態度が重要視される学校を志望校として受験準備を進める場合には、本番の入学試験で良い点数を取るだけではなく、通い先の学校で実施されるテストで高得点をあげたり、授業中、教師の説明を熱心に聞いたり、積極的に発言を行なったりして、良い成績を取ることが大切になります。それらの対策を講じることによって、本番の筆記試験の準備をする上で役に立つケースもあれば、受験には関係のない教科の成績や学習態度が問題になる事例も存在します。