心の問題の解決方法

定められた仕様書にしたがって製造された機械であれば、長い時間に渡って稼働し続けても、原則として精神的ストレスや身体的疲労を感じることなく、同じパフォーマンスを維持し続けることが可能となります。しかしながら、中学の受験を控え、その準備をしているのは血の通った人間です。そういった事情を考慮すれば、部活や友人、異性、家庭の問題などといった学業以外のことが気にかかって、受験勉強に身が入らなくなるケースが存在するのは無理のないことと言えます。そのような状況に陥った子どもが、自分自身で問題を解決することが困難な場合には、周りの人々による適切な精神的サポートが必要になってきます。

そうした場面では、自分以外の生徒と一緒に授業を受ける集団指導塾よりも、個別指導塾や家庭教師、通信添削といった先生と二人っきりの環境で指導を受けるのがおすすめです。マンツーマン指導の場合、周りの生徒による視線や聞き耳にさらされる心配が無いので、生徒の方から、抱えている悩みを先生へと打ち明けやすくなります。それらの相談を受けた場合、頭ごなしに叱ったり、勉強だけを押し付けたりするのではなく、適切な方法で精神的なフォローをする必要があります。