質の高い勉強のしかた

自分の志望する中学校の入学試験に備えて、準備を進める場合には、本番の試験までに残されている時間を計算した上で、スケジュールを作成し、それに沿って計画的に勉強することが大切です。そのように、入試までの限られた時間の中で、志望校の合格ラインに達する学力を身につけるためには、クオリティの高い勉強をすることが大事になってきます。特に、試験が迫ってきていて、時間的余裕が少ない状況の中では、受験勉強に長い時間をかけることができないので、勉強の質を高められるかどうかが、合否の行方に多大な影響をもたらす条件となります。

そういう風に、質の高い勉強をするには、早い段階で志望校を決定し、その学校の入学試験にターゲットを絞った対策を講じることが大切です。ひと言で入試と言っても、志望する学校によって、問題の出題傾向は異なるという状況にあります。そうした事情を考慮すると、早いうちに志望校を決め、その学校で、過去に実施された入学試験の問題を研究して、それに見合った受験勉強を行なうことが大事になってきます。また、自分の志望する学校を早くに決めて、簡単には変えないことは、目的意識やモチベーションを維持するために役立ちます。