性格的相性などの問題

塾や家庭教師、通信添削といった教育サービスを利用して、中学受験の準備を行なっている生徒が見受けられます。そのような状況の中では、先生と生徒との性格的な相性の問題が発生してきます。先生も生徒も、それぞれひとりの人間ですから、相性の良し悪しがあるのは当然のことと言えます。そうした問題から、受験勉強の効率が変わってきますので、相性の良い先生から指導を受けることは大切になります。

そういった意味合いからすると、集団指導よりも、個別指導というスタイルを採用している教育サービスの方が利用しやすいと言うことができます。集団指導塾の場合、自分以外の生徒も指導対象となっているため、自分だけの性格に合った先生を選ぶことが難しいという問題点があります。

また、先生との相性の問題だけではなく、時間的な都合をつけやすいのもマンツーマン指導のアドバンテージと言えます。例えば、周りの生徒に気を遣わなくても良い環境の中では、都合が悪い授業の日時を前もって変更したり、欠席した授業を別の日時に振り替えたりする際の自由度が高くなります。ただし、個別指導の場合には、共に学び、ライバルや仲間となる生徒が存在しないという問題があります。