試験の準備と事後対応

本番の入学試験で高いパフォーマンスを発揮し、高得点を上げることが、中学受験を控えた生徒にとって大切な条件となるのは言うまでもありません。ただ、受験生には、定期試験や模擬試験など、入試本番までの間に受けることとなるさまざまな種類のテストが存在します。それらの試験を受けるに際して、どのような準備やアフターフォローを行なうのかという問題によって、受験勉強の効率が変わってくることとなります。

それらの中で、通い先の学校で実施される定期テストは、その結果によって、調査書や通知書の内容に影響が及ぼされます。したがって、調査書や通知書の提出が求められる中学校を志望校とする場合には、特に力を入れて定期試験の対策を講じることが大切です。また、模擬試験の結果は、志望校を決定したり、志望する学校の合格ラインに対して、自分の実力がどのあたりの位置づけにあるのかを知って、その学校の合格率を予測したりするために役立ちます。そして、定期試験や模擬試験が実施される際には、それらの対策として集中的に勉強することとなります。そういった事情から、受験勉強にアクセントをつけ、マンネリ化を防ぐというメリットを得ることができます。