学力に合った環境選び

兵法の格言に「敵を知り、己を知れば百戦危うからず」とあるように、受験戦争を勝ち抜くためには、志望校の合格ラインや出題傾向を研究した上で、自分自身の適性やニーズ、希望条件に照らし合わせ、適切な対策を講じることが大切です。それらの条件の中で、受験生の学力には、人それぞれに違いのあるのが実情です。そうした状況の中では、自分のレベルに合った指導の行なわれる教育サービスを利用することが大事になってきます。

そのような事柄を軽視して、自らの学力にそぐわない指導環境を選択すると、レベルが高過ぎてついてゆけず、落ちこぼれたり、逆に低過ぎて成果が上がらなかったりするという事態におちいりがちなので、注意する必要があります。それらの事情を考慮に入れると、一緒に授業を受ける生徒の人数は、なるべく少ない方が良いという結論に至ります。

そういう意味では、個別指導塾や家庭教師、通信添削といったマンツーマン指導のなされるサービスは、最も利用価値の高いものと言えます。その種の教育サービスでは、自分以外の生徒と足並みをそろえる必要がないので、自らの学力や志望校、希望する到達ラインに特化したスケジュールを作成し、実践することが可能です。