長期休暇の有効活用

春や夏、冬の特定のシーズンになるとやって来る長期休暇は、日々の受験勉強で疲れた心や体を休めたり、旅行などの趣味に興じたりするために利用することができます。ただ、この先中学の受験を控え、その準備を進めている生徒の場合、いくら学校の授業が無いからと言っても、長期休暇中にそうそう休んだり、遊んだりしている訳にゆかないというのが実情です。そのような事柄を軽視して、不適切な休暇の過ごし方を実践すると、新学期が始まってから、ライバルに大きく先を行かれ、後悔をするという事態を招くリスクが高まるので、注意する必要があります。

そのように、後から悔まないようにするためには、長期休暇中の学習プランをしっかりと立てて、実行に移すことが大切です。長い休み中には、通い先の学校で行なわれる授業の予習・復習をする必要がありません。そういった状況を利用して、弱点分野の補強や前学期の総まとめ、新学期の先取り学習などを行なうことをおすすめします。

独学で、それらの対策を講じることが難しい場合には、塾の春期講習などを利用するという選択肢があります。そのように、休み中に塾へ通えば、プライベートな生活と区切りをつけ、気が緩み過ぎるのを防げます。